ハウスメーカーの選び方

私は今年新築一戸建てを購入しました。

購入するまでに様々なハウスメーカーを回って良い所ダメな所をいろいろ見てきたのでこちらに書いていきたいと思います。
まず、ハウスメーカーを決める前に木造か鉄筋かを決めるのが近道だと思います。
木造と鉄筋を選ぶのに必要なのはお互いの特徴です。

一般的に金額の安さ・断熱性・吸湿性は木造>鉄筋、耐久性・耐火性・耐震性は木造<鉄筋です。
木造の場合は地域にある工務店・メーカーから選ぶことになり、鉄筋の場合は大手メーカーから選ぶことになると思います。
値段を安く抑えたい人は地元工務店を選ぶ人も多いですがその際に注意が必要なのは評判です。
大手とは違いその地域でやってる工務店はネットなどではなかなか情報が収集できません。
その代わり、近くに住んでる人が住みごこちや評判をよく知っています。

自分の地域を例に出すと戸建・注文どちらも扱っている大きな工務店があるのですがそこは戸建住宅で販売した家のあちこちで雨漏りがあったりして集団訴訟をされている最中でした。
その会社は他にもインターフォンを逆さに設置したり購入者の家の間取りを名前等の個人情報を隠すことなくサンプルとして見せたりと色々ひどい会社でした。
集団訴訟や設置ミスは知人から教えてもらいましたが情報の取り扱いは実際に相談に行った際に目の前で起こった出来事です。
信頼できる会社かどうかは周りの情報も含めて自らで確認することをお勧めします。

工務店は地域密着型がお勧めです。例えば、建築地域をあらかじめ決めているところは、近くにあるからこそすぐに相談に乗ってくれますし、状態を確認しに来てくれるなど
アフターサービスが整っています。
神戸の注文住宅は価格も手が届きやすいですし、施工事例も可愛いので参考になります。

お小遣いNET